記事一覧

借金地獄の、おわり。2

それは九月に入ってからでした。もう借りれなくなっていた私はあと5万ほど支払いに足らず頭を抱えていました。ダメもとで夫に聞いてみました。今月だけ、5万ほどどうにかならない?と。夫は義両親に聞いてみたところそんな余裕はまったくない、という返事だったと言いました。あれだけ貸してきたのに、困っているならと助けてきたのにこういうときには知らん顔か…と頭をよぎる自分がいました。とはいえ、恨み節を言っていても仕...

続きを読む

借金地獄の、おわり。

私名義でまだ借りられる、とたかをくくっていた私。真剣に節約や献立をたてたり生活レベルの見直しなど取り組むべき事柄はたくさんあったのにそのチャンスは葬り去られてしまいます。私自身によって。相変わらずの家計管理能力のなさ、料理ベタ不摂生。カードをきれるうちは物欲の赴くまま買い物をしていました。あとで一括で返せばいいや、そんな風にしか考えていませんでした。買いすぎ、使いすぎ、を省みることもなく家計簿をつ...

続きを読む

借金地獄の入口。6

再三おまとめローンをするものの、そのたびにきれいに返済していくことはできませんでした。おまとめするたびに金額が増えていくので収入の面から借金総額をまとめるほどのローンは組めなくなっていました。金利の高いところを先ず返そう、そう決めていても日々膨らむカードの返済や義両親からの催促に少しずつあてられていきました。殆どが夫名義だったこともあり一括返済についての取引も私では出来ず夫に頼むしかありません。こ...

続きを読む

借金地獄の入口。5

ほどなくして、返済だけとなっていたカードのキャッシングの返済がおわりその旨の葉書が来ていました。とはいえ、借りなくともなんとかなってきていた折りでとにかく返済していこうと思っていました。そんな折、またしても夫の両親から三回忌をやるのに90万かかり、かき集めても35万ほど足らないと電話がきます。確かにキャッシング枠は50万近くありましたので貸して貸せない金額ではありませんでしたが減りもしない借金生活の最中...

続きを読む

借金地獄の入口。4

結婚して10年ほどしたころ、夫の両親は不況のあおりからか役職から下ろされ今まで高給取りだったそうですが生活が傾きはじめていたようです。たびたびお金が足りないと夫に電話をしてくるようになっていました。ボーナスが僅かばかりだが入るからと二月に一度くらい5万か10万程度貸すようになりました。最初のうちは返ってきていましたがやがて夫からみて祖母や祖父が亡くなると途端に葬式代や何回忌だ、と足らないのか出してくれ...

続きを読む